トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    口座開設を終えれば、すぐさま仮想通貨運用を始めることができます。最初は低い金額の投資からスタートを切り、状況を見ながら段階的に所有金額を多くする方が賢明です。 「少々の金額で頻繁に取引したいという性分だ」という人がいるのとは逆で、「一度にある程度のお金を投入したい」という人だっています。高いレバレッジを有効活用して取引したいと思っているのであれば、GMOコインが最も適しています。 仮想通貨を購入することに対しての最も悪いシナリオは、仮想通貨の価値が下がってしまうことだと言えます。個人だろうと法人だろうと、資金確保目的で執り行う仮想通貨のICOと呼ばれているものは、元本保証はなしというゼロということを知っておいてください。 毎月余ったお金を日本の銀行などに預け入れることは止めて、仮想通貨取引所にて定期積立するというやり方もあるわけです。こうすれば価格の上下動にイライラすることもなくなるでしょう。 「副業で自由になるお金を増やしたいと考えているけど、やらなくてはならないことが多くて時間を作ることができず難しいだろうと考えている」とおっしゃる方は、少しの金額からビットコインに取り組んでみたらいいと思います。 ビットコインであったりリップルといった仮想通貨を、投資をするという考えで買うとおっしゃるのであれば、無理をしないのが前提条件です。むきになると、適切な行動がとれなくなってしまうのが通例です。 仮想通貨を買い求めることができる取引所は諸々存在しているのですが、手数料がリーズナブル料金でサーバーの信頼性が高いという点で1つを選び出すなら、GMOコインをおすすめします。 日本の銀行などに信頼感だけでお金を預金したところで、全然と言っていいほど増えないのはご存知の通りです。仮想通貨取引所の場合はリスクが高い面はありますが、無論多くのお金を得るチャンスも潜んでいるわけです。 「投資をやりたい」と言うなら、最優先で仮想通貨取引用の口座開設から始めることが必要です。小さな金額からなら、学習を兼ねて学びつつ始められます。 「仮想通貨はどう考えても信用できない」とおっしゃる方も多いようですが、仮想通貨の一種であるICOも絶対に大丈夫などとは口が裂けても言えません。トークンの発行を実施して当資金を集め逃亡してしまうという詐欺もあり得るわけです。 仮想通貨に関しましてはいくつもの銘柄があるのですが、著名でまあまあ不安なく資金をつぎ込むことができるものと言うと、ビットコインであったりリップルではないでしょうか? 投資をする感覚で仮想通貨を購入するという時は、あなたの暮らしに影響を与えることがないようにするためにも、大きな勝負には出ずに負けても大勢に影響のない金額から取り組むようにした方がうまく行くでしょう。 仮想通貨と言われるものはビットコインだけだというわけではないことを覚えておいてください。リップルは勿論それ以外の銘柄も相当数ラインナップされているので、各々のセールスポイントを理解して、自らにマッチしそうなものを選んでください。 「実際にビットコインとかアルトコインにチャレンジしよう」と考えているとしたら、取り敢えず仮想通貨取引所に口座を開設することが要されます。 仮想通貨につきましてはICOという名の資金を集める方法が存在しており、トークンという名の仮想通貨が発行されます。トークンの発行を行なうことによる資金調達の方法は、株式発行と変わりません。