トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨と言われるものはビットコインが唯一だというわけではないことを頭に入れておいてください。リップルに代表されるその他の銘柄も多種多様にラインナップされていますから、銘柄ごとのメリット・デメリットを知覚して、あなた自身に相応しいものを選択しないといけません。 仮想通貨によって買った商品の代金の支払いができる店舗が多くなってきているとのことです。キャッシュを持ち歩くことなく簡便にお買い物がしたいのであれば、仮想通貨取引所を1つ絞り込んで口座開設をするといいでしょう。 仮想通貨取引をしようと思っている人は、それに応じた能力が必ずや必要とされます。どんなに悪くても仮想通貨のICOで読むことが可能な企画書くらいは把握することができて当然です。 定期的な収入のない方でも就職している方でも、アルトコイン売ったり買ったりすることで20万円を超過する収益が出たという時は、確定申告をしなくてはいけないのです。 そんなに著名ではない法人が参入している仮想通貨取引所であるとしたら、ちょっぴり心配する方もいると思われます。しかしビットフライヤーは大手企業が出資している取引所なので、抵抗なく取り引きが可能だというわけです。 仮想通貨に関しては誰しも挑戦できますが、投資でありますから「投入資金を多くしたい」とか「勝つ体験をしてみたい」と思うのであれば、それに準じる知識であったり相場を読み取る力が必須だと言えます。 仮想通貨売買に手を出す場合は、どこの取引所において口座開設を行なうのかが大切になるのです。いろんな取引所の内から、各々にフィットするところを選択してスタートを切りましょう。 ビットコインを間違いなく売り買いするために採用されている技術がブロックチェーンなのです。データの修正を防御することができるテクノロジーになるので、心配なく取引ができるわけです。 仮想通貨と申しますのは投資ですので、当然ながら売り手と買い手の思惑により値段の上昇と下降を繰り返すというのが常です。目の前の価格変動じゃなく、大きな流れを把握してコインチェックを利用しましょう。 時間を気にすることなく仮想通貨を購入したい人は、GMOコインに会員として登録するとその願いも実現できます。一日中買うことができるので、あなたの空いた時間に取り引きが可能です。 ビットフライヤーを通して仮想通貨に対する投資をスタートさせるつもりなら、できるだけ無茶苦茶な資金投入はしないようにすることが大事です。相場については上昇する時もあれば下落する時もあるというのがそのわけです。 口座開設が済んだら、素早く仮想通貨取引に取り組むことが可能です。差し当たり小さな額の買い入れからスタートを切り、様子を見つつじっくりと保有金額を増すと良いでしょう。 ビットフライヤーへの登録そのものは明快かつタダでできるのです。インターネット上で申し込むことができますし、手間暇の掛かる手続きは何一つ必要ないので心配無用です。 「副収入を得るためにアルトコインであるとかビットコインにチャレンジするつもり」と考えているのであれば、手始めに仮想通貨取引所に口座を開設しなければなりません。 仮想通貨に関してはビットコインが著名ですが、一般人にはビットコイン以外の銘柄はあんまり周知されていないというのが実態なのです。近々開始したいと考えている人は、リップルなどのようにあんまり認知されていない銘柄の方をおすすめします。