トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨についてはビットコインという名が浸透していますが、そこまで関心を持っていない人には他の銘柄はもうひとつ知られていないのが現実なのです。今から始めるなら、リップルみたく世の中に知れ渡っていない銘柄の方が正解だと考えます。 ビットコインを取り扱うという時は、どの取引所を使用しても手数料は大して異なるということはないですが、それ以外の仮想通貨に関しましては違いがあるため、比較検討して選んだ方が利口というものです。 ブロックチェーンと言いますのは、ビットコイン等の仮想通貨をやり取りする時のみに利用されるというふうなものではなく、様々なテクノロジーに使用されているのです。 ビットフライヤーを利用して仮想通貨の取引を始めると言われるのなら、できるだけ度を越した買いは控えた方が良いでしょう。相場につきましては上がるときがあれば下がるときもあるというのがそのわけです。 仮想通貨と言いますのはビットコインオンリーではないことを認識しておきましょう。リップルなど他の銘柄も数多く存在していますから、銘柄ひとつひとつのセールスポイントを理解して、自分に合いそうなものをセレクトしましょう。 これから先仮想通貨を始めるつもりなら、一生懸命勉強して知識を身に付けるのが先決でしょう。ファーストステップとしてビットコインとかリップルの特徴を把握する事からスタートしましょう。 仮想通貨の取り引きを始めるためには、ビットコインを買わないとだめなわけですが、資金に余裕がない人もいるわけです。そうした場合はマイニングを実施してタダで取得するといった方法を一押ししたいと考えます。 故意または偶然に関わらず、ルール違反するのを防ぐのがブロックチェーン技術なのです。仮想通貨を何ら恐れることなく売買できるのは、この技術に守られているお陰だと言えます。 マイニングについては、個人レベルで成し遂げるソロマイニングだってあるわけですが、初心者が一人でマイニングに手を出すのは、理論上99%不可能と断定して間違いないでしょう。 仮想通貨に関しましては誰しもやり始めることができますが、投資でありますから「資産を増やしたい」とか「勝利の酒を飲んでみたい」みたく望むのなら、そこそこの知識や相場を捉える目が要されます。 仮想通貨に関しましてはICOと称される資金を集める方法が存在しており、トークンと称される仮想通貨を代わりに発行します。トークン発行による資金調達の手段は、株式を発行する時と全く同じです。 仮想通貨の取り扱いを行なう際は、手数料が不可欠であることも想定しておくことが肝要です。努力の結果の利益が手数料で減じられては納得できないからです。 アルトコインの種類に関しましては、認知度は違うものの、700種類以上あるとされています。ビットコインを除くものと考えていれば簡単だと思います。 altcoinは、ビットコインではない仮想通貨のことを指すのです。英語で言うとオルトが正解だと聞かされましたが、日本国内では見たままにアルトコインとおっしゃる方がほとんどです。 投資と言われたら、FXもしくは株の売り買いを想定してしまう方が多くを占めると思います。最近では仮想通貨にお金を入れる方も増加傾向にあります。