トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    取引所と申しますのは複数あるわけですが、初心者の人でも利用しやすくて問題なく始めることができると人気なのがコインチェックなのです。アプリケーションも感覚的に使用可能だと言えますので心配いりません。 仮想通貨に関しましてはICOと呼ばれている資金調達手法が存在し、トークンという名の仮想通貨を発行することになるのです。トークンを発行することによる資金調達手法は、株式発行と変わりません。 仮想通貨取引をやろうと思うのでしたら、然るべきリテラシーが必要です。最悪でも仮想通貨のICOで一般公開される企画書なんかは理解することができて当然だと考えてください。 仮想通貨の取引には手数料が徴収されることになります。取引所によって掛かる手数料は異なりますので、前もって落ち度なくリサーチすることが必要です。 ブロックチェーン技術のシステムを把握していなくても、仮想通貨を買い入れることはできると考えますが、諸々周知しておいても損になることはないはずだと思います。 アルトコインと申しますのは、ビットコイン以外の仮想通貨のことを意味します。英語で言うと“オルト”が正しいと聞きましたが、日本国内では見た目通りにアルトコインと口にする人が大部分を占めます。 ビットコインを取り扱う場合は、いずれの取引所を使おうとも手数料自体はあんまり異なりませんが、ビットコイン以外の仮想通貨に関しましては開きがあるため、比較検討して選択した方が良いでしょう。 「少々の金額で頻繁に取引する方が良い」という人がいるのとは反対に、「大きく勝負したい」という人もいます。ハイリスク・ハイリターンで取引したいと思っているのであれば、GMOコインがよろしいかと思います。 仮想通貨については、ニュースでも特集が組まれるくらい注目度の高い題材となっています。自分もやってみたいと言うなら、最初の一歩として小さな金額のビットコインを手に入れてみるべきだと思います。 ビットコインというのは投資なので、調子が良い時もあれば悪いときもあるのが普通です。「なお一層お金をゲットしたい」と欲張って、持ち金すべてを注ぎ込むのは自重するようにすべきです。 ビットフライヤーに申し込んで仮想通貨の取引を始めるのであれば、なるだけ無計画な買い付け方はしないと決めましょう。相場に関しては上がるときがあれば下がるときもあるからなのです。 仮想通貨に関して探求しているうちに、ビットコインを除外した銘柄を指し示すアルトコインに興味を持つようになってしまい、その通貨を保有することになったという人も相当数にのぼるそうです。 ビットコインとかリップルなどの仮想通貨を、投資益を得るための対象と考えて買い付けると考えているなら、程々にすることを肝に銘じましょう。過熱すると、正しい判断ができなくなってしまいます。 仮想通貨取引所の動きにつきましては、常日頃のニュースでも話題に上るくらい世の中の関心を集めているのです。色々あっても、今以上に世間に認められるようになるのは明々白々と言っていいでしょう。 口座開設を行なうのであれば、仮想通貨とその取引所のことをきちんと学んだ方が良いでしょう。取引所によって買える銘柄とか手数料などに相違があります。