トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    ビットフライヤーに登録して仮想通貨の取引を始めると言われるのなら、できるだけ無謀な買い入れはしない方が賢明です。相場は上がる時もあればその逆の時もあるというのがその理由です。 仮想通貨は形のない通貨と言われますが、「お金」には違いないのです。投資対象としてゲットするなら「株」であったり「FX」と変わらず、堅実に勉強に時間を割いてから始めてください。 企業が実行するICOに個人的に投資するメリットと言うと、購入したトークンの値段がアップすることだと言えるでしょう。トークンが爆発的に上昇すれば、大金持ちにもなれるのです。 認知度が高くなってきた仮想通貨というのは、投資という裏の顔がありますので、儲けを得たという際は、時間が掛かってもしっかりと確定申告をしなくてはいけません。 ビットコインとかアルトコインといった仮想通貨が円滑に買ったり売ったりできるのは、ブロックチェーンテクノロジーと呼称される仕組みがあるからです。 仮想通貨にはICOと呼称されている資金調達手段が存在しており、トークンという名の仮想通貨が発行されることになるのです。トークンの発行を行なうことによる資金調達の手法は、株式を発行する際と同一だと言えます。 リップルを買おうかどうかと検討しているのであれば、「どちらの取引所から買い求める方が良いのか?」、「初めはどれくらいの単位からやり始めるか?」などをきちんとリサーチしてからにすべきです。 仮想通貨と言いますのはビットコインオンリーではないのですが、ご存じだったでしょうか?リップルを先頭にその他の銘柄も沢山あるので、それぞれの強味・弱点を把握して、自身にマッチするものを選定しましょう。 ビットコインを扱うという時は、いずれの取引所を使用したとしても手数料そのものはそこまで違うということはありませんが、別の仮想通貨につきましては差があるのが通例ですから、比較して決定した方が良いと思います。 口座開設が完了しましたら、すぐさま仮想通貨運用を始められます。最初は少ない金額の買い入れからスタートし、状況を見ながらじっくりと保有金額を増す方がリスクを抑えることができます。 リップルコインは、IT企業の雄グーグルが投資した仮想通貨だとして高い評価を得ています。それにビットコインとは異なり、創始者が誰かもはっきりしています。 若干でも実入りを多くしたいと思うのであれば、仮想通貨に取り組む方が良いと思います。アルトコインを少しずつ購入して、リスクを低減しながらスタートしてください。 700種類程度は存在すると発表されているアルトコインではありますが、始めたばかりの人が買うという場合は、そこそこ知名度があり、安心して取引可能な銘柄をセレクトしましょう。 故意であろうとなかろうと、違反行為を行うのを抑止するのがブロックチェーン技術です。仮想通貨を何ら恐れることなく売り買いできるのは、これがあるお陰だと言えます。 ハイレバレッジで取り引きがしたいなら、GMOコインが一番です。ご自分の先見の明に自信があるとおっしゃるなら、挑んでみたら良いと考えます。