トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨にチャレンジしようと思うのでしたら、それなりのリテラシーを身につけなければなりません。最悪でも仮想通貨のICOで公開される企画書の中身程度は把握できて当然です。 マイニングにつきましては、個人レベルで成し遂げるソロマイニングもあることはあるのですが、ド素人が一人でマイニングをやり遂げるのは、理論的にほぼほぼ不可能と考えて良いと思います。 仮想通貨というものは世界で取り引きが行なわれている投資だと言えます。そうした中でもここに来て視線が注がれているのが、イーサリアムあるいはビットコインといった仮想通貨銘柄になります。 ビットコインが持つウィークポイントを解消した「スマートコントラクト」と称されるこれまでにないテクノロジーを使ってトレードされているのが、仮想通貨のイーサリアムなので覚えておいてください。 ビットコインを取り扱うという時は、どちらの取引所を使用しても手数料はほとんど変わりませんが、外の仮想通貨については開きがあるため、それを押さえた上で決定すべきでしょう。 毎月の残余金を国内の銀行に預金するのではなく、仮想通貨取引所に定期積立するというような手段もおすすめです。これであったら値段の上がり下がりにいちいち反応することもなくなります。 現実に仮想通貨をやり始めると言うのであれば、真剣に勉強して知識を身に付けるべきです。第一にリップルであるとかビットコイン等の特色を押さえるところから手を付けましょう。 人気を集めているビットコインも興味を持ったというなら、差し当たり徹底的に知識を習得しましょう。思い付きで投資するのはやめて、最初は勝ちを引き寄せるための知識が必須です。 仮想通貨と言いますとビットコインという名が知られていますが、そこまで興味がない方にはこれ以外の銘柄は今一周知されていません。この先取り組んでみたいと言うなら、リップルに代表されるように知名度が低い銘柄の方を推奨したいですね。 法人が資金調達を目的として敢行する仮想通貨のICOで発行するトークンは、価格がその都度変動します。買い求めるタイミングが早期であるほど、安く購入できます。 「電気料金を払うというだけでビットコインを手に入れることができる」というコインチェックなど、仮想通貨取引所のアピールポイントは個別に異なりますから、利用するという際はそこのところを明確に押さえることが大切です。 年金手帳というような身分証明書、メルアドだったり携帯電話を提示すれば、仮想通貨用の口座開設を完了することが可能です。それらのものを目の前に準備して手続きをしましょう。 仮想通貨を購入できる取引所は結構存在しているわけですが、1つに絞り込む局面で基準になるファクターの1つが手数料だと言っていいでしょう。買おうと考えている通貨の手数料がそれほど掛からない取引所を利用しましょう。 FXあるいは株の運用をしている方なら当然のことですが、仮想通貨は投資になるのでビジネスマンの場合、20万円以上のプラスが出た時は確定申告をする義務があります。 コインチェックを仲介業者として仮想通貨取引を行なうつもりなら、安全性確保のためにもPWに関しましてはなるたけでたらめで、自分とは何の関係もない英数字にすべきだと思います。