トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    イーサリアムと申しますのは、いっぱいあるアルトコインの中でも抜群に知名度の高い仮想通貨だと考えていいでしょう。時価総額はビットコインには及びませんが、第二位です。 altcoinと言いますのは、ビットコインとは異なる仮想通貨のことを言うのです。英語本来の発音からするとオルトが近いみたいですが、日本国内ではスペルのままにアルトコインと口にする人が過半数を占めるようです。 仮想通貨としてはビットコインが有名ですが、関心などない方にはこれ以外の銘柄はそこまで周知されていません。近々開始したいと考えている人は、リップルといった世に浸透していない銘柄の方をおすすめします。 仮想通貨を取引する際は手数料が必要です。取引所により必要な手数料は異なっていますから、口座開設よりも前にしっかりチェックすべきです。 投資というものは価格の上昇と下降を繰り返しますので、うまく行く時もあれば行かない時もあってしかるべきなのです。だからこそ、大きな流れを見極めてコインチェックを利用するのが利益確保への王道だと思います。 仮想通貨取引に手を出すのであれば、ブロックチェーンにつきましてもわかっておいた方が良いでしょう。どういう背景があって仮想通貨がセーフティーに売ったり買ったりを継続できるのかを把握できるからです。 仮想通貨にはICOと呼称される資金を調達する手法があり、トークンという名前の仮想通貨を代わりに発行します。トークン発行による資金調達法は、株式発行とまったく同一です。 仮想通貨を媒体にした取引を開始しようと思っているのであれば、何と言ってもビットフライヤーを推奨します。TVCMでもよく見掛けますし、人気の高い取引所であることは間違いありません。 仮想通貨に取り組むなら、一生懸命学習することが必須です。そのように言うわけは、同一の仮想通貨であるリップルとビットコインの2銘柄だけを取り上げても、仕様はかなり異なっているからです。 「電気料金の支払いを済ませるだけでビットコインをもらうことができる」というコインチェックなど、仮想通貨取引所の利点は個別に違いますから、利用するに際してはそこのところを堅実に把握することが大切です。 現に投資を開始できるまでには、申し込みを終えてからおよそ10日見る必要があります。コインチェックを利用するつもりなら、時間を置かずに申し込むべきだと思います。 仮想通貨取引所に関しては、普段のニュースでも話題に上るくらい巷の注目をさらっているのです。紆余曲折はあっても、今以上に世の中に認知されていくのは確実ではないでしょうか? 中小法人がメインとなって運営している仮想通貨の取引所であった場合、少し気掛かりになる人もいるだろうと思います。しかしながらビットフライヤーは名だたる企業が出資している取引所になりますから、心配なく取り引き可能です。 ビットフライヤーへの登録申請自体は手軽かつタダとなっています。ネット上で申し込めて、厄介な手続きは丸っきり要されませんので非常に楽です。 コインチェックにて仮想通貨投資を始めるなら、安全のためにパスワードにつきましてはできる限り複雑で、自身とは関係のない数字にした方が良いでしょう。