トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨に取り組むなら、しっかり学ぶことが重要だと思います。そのように言うわけは、全く同一の仮想通貨であるリップルとビットコインの2種類だけを取り上げたとしても、システムは結構相違しているからです。 初めてビットコインを所有すると言われるのであれば、期待とは裏腹に下落に転じてしまっても大した痛手にならない程度から取り組み始める方がうまく行くでしょう。 市場に浸透しつつある仮想通貨に関しましては、投資という裏の顔を持っているわけなので、収益が出たという際は、手間が掛かりますがごまかすことなく確定申告をしなければなりません。 リップルコインにつきましては、超有名企業グーグルが投資した仮想通貨であるということで知られています。それにビットコインとは異なり、誰が始めたのかも公になっています。 700種類くらいはあると噂されるアルトコインではありますが、新参者が買うとするなら、やっぱり浸透度があり、不安になることなく買うことができる銘柄を選定しましょう。 免許証を始めとした身分証明書、メールアドレスであったり携帯を用意することができれば、仮想通貨取引専用の口座開設を済ますことが可能です。必要な物を用意して手続きをしましょう。 ブロックチェーン技術のシステムについて何ら知識がないとしても、仮想通貨の取引をすることはできると思いますが、きちんと修得しておいても損を被ることはないと思われます。 投資は価格のアップダウンがつきものですから、勝つことも負けることもあると思うべきなのです。因って、大きな流れを見ながらコインチェックを上手く活用することが利益獲得への王道だと言っていいでしょう。 株であったりFXを行なっている方なら当然のことでしょうが、仮想通貨と申しますのは投資ですからビジネスマンの場合、20万円以上の利益を得たという時は確定申告が必要となります。 ビットフライヤーへの登録申請自体は容易で、尚且つタダとなっています。インターネットを通して申し込みができて、面倒くさい手続きは一切必要ないので心配無用です。 投資をする感覚で仮想通貨を手にするような時は、普段の生活がきつくならないためにも、無謀なことはしないで低額から開始した方が得策です。 注目のビットコインに投資してみようかと思うなら、何はともあれちゃんと勉強をしましょう。いきなり投資するなんてのは愚の骨頂で、何を置いても儲けを出すための知識を身につけることから始めるべきです。 アルトコインの種類そのものは、認知度の高いものから低いものまで700種類以上は存在すると聞いています。ビットコインを除外したものと把握していると間違いありません。 GMOグループの傘下にあるGMOコインは、超ビギナーから仮想通貨の投資をアグレッシブに敢行している人まで、誰であっても使用しやすい販売所だと言っていいでしょう。 「電気料金の支払いを終えるのみでビットコインをもらうことが可能な」というコインチェックなど、仮想通貨取引所のアピールポイントは個々に異なりますから、利用するに際してはそこを完全に把握しましょう。