トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨ということではビットコインという名が知られていますが、そこまで興味がない方にはこの他の銘柄はあんまり認知されていないのが現状です。そろそろチャレンジしても良いかなと思っている人は、リップルみたく知名度が低めの銘柄の方に目を向けるべきです。 誰かが違反行為するのを防御するというのがブロックチェーン技術です。仮想通貨を不安など抱えることなしに買うことができるのは、これがあるからに違いないのです。 話題のビットコインを始めようかと思っているなら、まずは集中して知識習得に時間を割きましょう。突然所有するのは無謀で、兎にも角にも儲けを出すための知識を身につけることからスタートです。 「投資にトライしたい」との考えを持っているなら、何より仮想通貨用の取引専用口座開設からスタートするようにしましょう。僅かな金額からなら、勉強だと思って学びつつ始めることも可能です。 仮想通貨を購入するつもりなら、大手法人が参画しているところが良いのではないでしょうか?そうした視点からも、ビットフライヤーなら積極的に仮想通貨取引に取り組むことが可能なのです。 アルトコインの種類に関しては、周知度の高低こそあるものの700種類はあるはずと聞いております。ビットコインとは違うものというふうに把握していれば簡単ではないでしょうか? 仮想通貨を買い求めることができる取引所いいますのは諸々存在しているのですが、手数料が安くサーバーの性能に秀でているということで1つに絞り込むなら、GMOコインは良いと思います。 “タダ”でビットコインを手にすることができるからと、マイニングに手を染めるのは無理があると思います。本格的な知識やスペックの高いパソコン、更には時間を捻出しなければならないためです。 仮想通貨を売買することができる取引所は複数ありますが、比べる場合に基準になるものの1つが手数料なのです。買いたい通貨の手数料が割安のところを選択していただきたいです。 アルトコインと申しますのは、ビットコインとは違う仮想通貨のことを意味するのです。英語本来の発音からすると“オルト”が近いようなのですが、日本の中では見た目通りにアルトコインと言われる方が多いようです。 仮想通貨取引所の動向は、よく見るニュースでも放映されるほど世の耳目を集めているのです。この先さらに世の人達に認知されるようになるのは明白だと断言できます。 初めてビットコインを買い求める時には、状況を見定めながら小さな金額のものを何回か繰り返して行なっていき、仮想通貨につきまして深く追求していきながら入手する額を増加し続けていく方が良いでしょう。 ビットコインを除いた仮想通貨の売買をしたいと思っているなら、続いてよく知られている銘柄のイーサリアム又はモナコイン、ライトコインなどが存在します。 仮想通貨購入の一番大きなリスクは、価値が下落することだと言えます。個人でも法人でも、資金確保目的で実行する仮想通貨のICOについては、元本は保証対象外であることを認識しておくべきです。 ビットコインと一緒の仮想通貨のひとつになるのですが、スマートコントラクトと呼称される技術で機能を更に向上させているのがイーサリアムなのです。