トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    ビットコインで有名な仮想通貨の一つですが、スマートコントラクトと言われている技術を利用して中身をグングン進展させている銘柄がイーサリアムになります。 ビットコインやリップルといった仮想通貨を、投資で利益を出すための対象として買い付けるつもりがあるなら、熱中し過ぎないのが原則です。我を失うと、大概多くな痛手を被ることになってしまいます。 仮想通貨というのは実物のない通貨ですが、「お金」としても当然使えるのです。投資の気持ちで取得するなら「株」又は「FX」のように、手堅く知識を得てから始めていただきたいです。 FXもしくは株の投資をしている人から見れば至極当然のことですが、仮想通貨というものは投資そのものですからお給料をもらっている人の場合、20万円以上のプラス収入を得たという時は確定申告をする義務があります。 仮想通貨につきましては多数の銘柄がラインナップされていますが、人気があって銘柄的にも心配することなくお金をつぎ込めるものと言いますと、ビットコインだったりリップルだと考えます。 仮想通貨を買うことができる取引所はいくつもあるわけですが、1つに絞り込む局面で目安になるファクターの1つが手数料ではないかと思います。買おうと考えている通貨の手数料がお安い取引所を利用しましょう。 投資と言いますのはUPとDOWNを繰り返しますから、うまく行く時もあれば行かない時もあってしかるべきなのです。そういうわけで、大きなトレンドを見極めながらコインチェックを利用することが利益獲得への王道です。 将来的にコインチェックにて仮想通貨の取り組みを始めようと思っているなら、小さな上下変動に高揚して平静さを失わないよう、クールに構えることが不可欠です。 700種類以上存在するとされるアルトコインの中で、将来に期待できるとして注目度が高いのがイーサリアムなのです。手数料の支払い無しで購入できる取引所もあるのでチェックしてみてください。 仮想通貨を買うことに対してのリスクは、取引価格が下がることなのです。個人であれ法人であれ、資金の調達を目的として執り行う仮想通貨のICOというものは、元本は保証されないことを覚えておいてください。 仮想通貨に関しましては、投資ということで売買するというのが一般的だと言っても過言じゃありませんが、ビットコインにつきましては基本的には「通貨」の一種ですから、商品を買った時の支払いに使うことだって可能となっています。 仮想通貨の売買を行なう時の手数料というのは違うのが普通です。口座開設を行なう際は、前もっていろんな取引所の手数料を比較して検討するようにした方が良いでしょう。 仮想通貨投資をやろうとしているなら、きちんと学びましょう。その理由は、まったく同じ仮想通貨であるリップルとビットコインという2つの銘柄だけを取り上げたとしても、システムは想像以上に違っているからなのです。 好きな時に仮想通貨を入手したい人は、GMOコインにメンバー登録するとその望みも適います。年中無休で買いも求めることが可能ですから、あなた自身のタイミングで売買可能です。 ビットコインを取り扱うという時は、いずれの取引所を利用しようとも手数料自体はそれほど変わることはありませんが、ビットコインとは異なる仮想通貨につきましては違いがあるため、それを押さえた上で選択した方が良いでしょう。