トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨と称されるものはビットコインが唯一だというわけではないことをご存知でしたか?リップルなどのそれ以外の銘柄も様々ラインナップされていますので、各々のセールスポイントを理解して、自分に合いそうなものをセレクトしてください。 仮想通貨と申しますとビットコインに注目が集まっていますが、そんなに興味を持っていない人には他の銘柄はそれほど浸透していないのが実際のところです。近いうちに開始することを目論んでいる方は、リップルに代表されるように知名度が低めの銘柄の方が良いと思います。 仮想通貨に関しましては数え切れないほどの銘柄がラインナップされていますが、著名でまずまず信頼して売買できるものとなると、リップルだったりビットコインだと断言します。 仮想通貨購入に対しての一番のリスクは、価値が下落することなのです。個人でも法人でも、資金確保目的で行う仮想通貨のICOに関しては、元本は保証対象外であることを頭に入れておいてください。 「仮想通貨はやはりリスクが多い」とお考えの方も少なくないというのが実情ですが、仮想通貨の一種であるICOにしたって完璧に安心とは言いづらいです。トークン発行を敢行して当資金を集め逃亡するという詐欺もあり得ます。 「投資をしてみたい」と言われるなら、差し当たり仮想通貨の取り扱い専用口座開設より始めると良いと思います。少ない額からなら、経験だと思って学びつつスタートできるのではないでしょうか? 仮想通貨と言いますのはグローバルに取扱が為されている投資の一種だと言えます。そんな中でもここ最近脚光を浴びているのが、イーサリアムもしくはビットコインという仮想通貨銘柄です。 投資と言えば、FXないしは株等への投資のことをイメージする人が大勢を占めるはずです。近年では仮想通貨を売買する方も珍しくないようです。 仮想通貨取引所については、連日のニュースにも取り上げられるくらい世の中の注目を集めています。紆余曲折はあっても、今以上に世間の人々に浸透していくのは明らかだと断言できます。 仮想通貨の売り買いを開始するためには、ビットコインを買い取らなくてはだめなわけですが、手持ち資金が不足している人に関しましては、マイニングの対価として手に入れるという方法を一押ししたいと考えます。 仮想通貨投資をする時は、いずれの取引所で口座開設をするのかが大切になるのです。多々ある取引所の中より、ご自身の考えにマッチするところを選び出して開始してください。 仮想通貨と呼ばれるものは、投資を第一目的として手に入れるというのが一般的なのかもしれないですが、ビットコインにつきましては基本的には「通貨」の一種ですから、物を購入した際の支払いに使うことだって可能となっています。 「取り敢えず手数料が格安のところ」と、熟考せずに判断を下すのは早計です。仮想通貨取引をする場合は、評価の高い取引所だと証明できるのかということも判断基準に入れなければいけません。 仮想通貨はウェブは当然のこと、実際のお店においても決済ができるようになりつつあると聞きます。手数料が割安の仮想通貨取引所において口座開設して、先進的な日常生活をエンジョイしてください。 仮想通貨を始めるつもりなら、事前に学ばなければなりません。そのように言うわけは、まったく同じ仮想通貨であるリップルとビットコインの2銘柄だけを取り上げてみても、仕組み的な部分はまったく異なるからです。