トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨と呼ばれるものを調べていくうちに、ビットコインとは違う仮想通貨を意味するアルトコインに関心が移ってしまい、アルトコインの方を有することになったという人も相当いると伺っています。 仮想通貨運用を始めるには、ビットコインを買い求めなくてはいけませんが、そんなに自由にできるお金がない人の場合は、マイニングを頑張ってゲットするといった方法をおすすめしたいと思います。 銀行や信金にただお金を預け入れていても、全然と言っていいほど利子がつきません。仮想通貨取引所であればリスクの存在は否定できませんが、その一方で大金に化けるチャンスもあると言えます。 仮想通貨と言うとビットコインが人気を博していますが、関心などない方には他の銘柄は今一つ認知されていません。そろそろチャレンジしても良いかなと思っている人は、リップルを筆頭に世の中に知れ渡っていない銘柄の方に着目してみましょう。 仮想通貨の売買を始めたいという時は、取引所への登録申請をしないとだめなのです。取引所と呼ばれるものは多種多様に存在しますが、日本国内で最大手ということになるとビットフライヤーという取引所で間違いありません。 仮想通貨は実態のない通貨と言われますが、「お金」には違いありません。投資と見なして買い入れるなら「株」であったり「FX」と変わらず、きちんと知識を得てから取り組んでください。 ビットコインを無料でもらいたいなら、一度やってみてほしいのがマイニングというものです。コンピューターの処理能力を提供することで、その対価としてビットコインが得られます。 仮想通貨に関しては幾つもの銘柄が揃っているのですが、認知度が高くとにかく不安に駆られることなく売買可能なものと言うと、リップルであったりビットコインだと断言します。 ビットコインとは違った仮想通貨の売り買いをしたいとおっしゃるなら、次いで知名度の高いイーサリアムまたはライトコイン、モナコインなどが一押しです。 「兎にも角にも手数料が格安のところ」と、安直に確定することだけは控えましょう。仮想通貨取引を行なうに際しては、評判の良い取引所であるのかということも選定基準に入れることが必要です。 リップルコインについては、皆が知るGoogleが投資した仮想通貨の一種として注目の的となっています。それとビットコインとは異なって、開始したのが誰なのかも周知されています。 アルトコインであったりビットコインなどの仮想通貨が心配無用で売ったり買ったりを継続できるのは、ブロックチェーンテクノロジーと言われているシステムが役立っているお陰だと聞いております。 法人が資金の調達を適えるために実施する仮想通貨のICOにて発行したトークンについては、価格がその都度変動します。資金投入するタイミングが早ければ早いほど、安い価格で購入することが可能です。 「小さな額で細かく取引する方が好きだ」という人がいるかと思えば、「小さな投資は好きになれない」という人もいるわけです。ハイリスク・ハイリターンを認識した上で取引しようと考えているなら、GMOコインが適しています。 仮想通貨に関しては、投資として利益を得るために買い取るというのがポピュラーだと言っても過言じゃありませんが、ビットコインは基本的には「通貨」ですから、支払いに使うこともできるわけです。