トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    銀行や信金に信頼感だけでお金を預金したところで、全くと言っていいほど増えないのは誰もが知るところです。仮想通貨取引所であればリスクは間違いなくあるわけですが、当然多くのお金を獲得するチャンスもあるのです。 投資と言うと、株だったりFXなどの資産運用を想定する人がほとんどだと考えます。近年では仮想通貨で資産運用する方も稀ではないのです。 「仮想通貨はやはりリスクが多い」とおっしゃる方も多いようですが、仮想通貨のICOに関しましても絶対に大丈夫などとは口が裂けても言えません。トークンの発行によって資金を集め逃げ去ってしまうという詐欺もあり得ます。 ビットフライヤーへの登録そのものは簡単かつタダです。インターネットを介して申し込みができて、手が掛かる手続きは何一つ必要ないのです。 仮想通貨を対象にしたトレードをスタートしようと思っているのであれば、国内で最も大きいビットフライヤーをチョイスした方が良いでしょう。TVコマーシャルでもお馴染みで、誰もが知っている取引所だと断言できます。 投資をする感覚で仮想通貨を手にするといった時は、日常生活がレベルダウンすることがないようにするためにも、度を超すことなく少額から取り組むようにした方がうまく行くでしょう。 ビットコインは投資ですので、儲かる時と損をする時があります。「とにかく儲けてみたい」と欲張って、よく考えもせずお金を投資するのは自粛するようにしていただきたいです。 仮想通貨というものは世界で取り引きが行なわれている投資になります。そんな中でも近頃関心が集まっているのが、ビットコインだったりイーサリアムといった仮想通貨銘柄になります。 株又はFX取引をしている人にとりましては当たり前ですが、仮想通貨と申しますのは投資になりますからサラリーマンやOLの場合、20万円以上の利益が出たという時は確定申告が不可欠です。 ビットコインとかリップルなどの仮想通貨を投資の1つとして買い入れると言われるのなら、程々にすることが大切です。我を見失うと、大概多くな痛手を被ることになってしまいますので気をつけてください。 コインチェックを仲介業者として仮想通貨トレードを始めると言うなら、安心できるようにPWに関しましては限りなくランダムで、自分とは何の関係もない数字にした方が賢明です。 「僅かな金額で何度も取引する方が自分に向いている」という人がいるのに反して、「一度で大きいお金を動かしたい」という人だっています。ハイリスク・ハイリターンで取引しようと考えているなら、GMOコインが最も適しています。 仮想通貨と呼ばれているものは、投資という意味合いで買い求めるというのが普通だと思いますが、ビットコインというのは「通貨」に違いないので、何かを買った際の会計に利用することもできるのです。 無料でビットコインがゲットできるからと考えて、マイニングを始めるのは無理があると思います。専門の知識やハイレベルなスペックのパソコン、それに何と言いましても時間を捻出しなければならないというのがその理由です。 仮想通貨と言いますのはどなたでも手を出すことができますが、投資なので「資産を増やしたい」とか「勝ちたい」などと考えているのでしたら、それに見合う知識であるとか相場を読み取る力が必須条件と言えます。