トップページ > 鹿児島県 > 大和村

    鹿児島県・大和村の方におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    仮想通貨というのは実物のない通貨なのですが、「お金」には違いないのです。投資を行なう気持ちで購入するなら「株」だったり「FX」と同様に、しっかり勉強してから始めてください。 「何が何でも手数料が抑えられているところ」と、単純に結論を出すと失敗することもあります。仮想通貨を購入するに際しては、信用に値する取引所なのかということも判定基準に入れることが不可欠です。 小さな会社がメインとなって運営している仮想通貨の取引所である場合、少々心配する方もいるでしょう。ただしビットフライヤーは国内有数の企業が出資しているので、心配することなく売買できると言えます。 仮想通貨投資を行なうつもりなら、ブロックチェーンの概念についてもわかっておいてもらいたいですね。どういう背景があって仮想通貨が心配なく買ったり売ったりをできるのかを把握できるからです。 仮想通貨取引所と呼ばれているものはいっぱいあるのですが、初心者でも分かりにくいところは少なく安心して開始することができると評価されているのがコインチェックです。アプリケーションも感覚的に利用できるので不安を感じることもないでしょう。 毎月の余剰金を銀行などに預金するのではなく、仮想通貨取引所に定期積立するという手法もおすすめできます。これだったら価格の上下動に一喜一憂する必要もなくなるはずです。 仮想通貨を購入するというなら、超優良会社が資金提供している取引所の方がリスクが少ないのではないでしょうか?そうした視点からも、ビットフライヤーなら進んで取引のスタートを切ることが可能だと言えます。 仮想通貨購入の最大のリスクは、仮想通貨の価格がダウンしてしまうことなのです。個人だろうと法人だろうと、資金を提供してももらう為に執り行う仮想通貨のICOと呼ばれているものは、元本は保証されることがないことを頭に入れておいてください。 仮想通貨の取引をしたいという時は、取引所への登録を終えなければいけません。取引所というものはいっぱいあるわけですが、国内一ということになるとビットフライヤーという取引所になります。 「現実にビットコインであったりアルトコインを始めるつもり」と考えているのであれば、ファーストステップとして仮想通貨取引所に口座を開くことが必要です。 ビットコインを心配なくやり取りするための仕組みがブロックチェーンだというわけです。情報の捏造を防止できる技術ですから、セーフティーに取引ができるわけです。 リップルコインについては、皆が知るGoogleが投資した仮想通貨ということで評価されています。これ以外ではビットコインとは相違し、創業者というのが誰なのかも公表されています。 イーサリアムというのは、数多くあるアルトコインの中でも図抜けて知名度の高い仮想通貨だと言って間違いありません。時価総額はビットコインには及びませんが、第二位だとされています。 口座開設をするのであれば、先に仮想通貨とその取引所に関してきちんと学習していただきたいです。取引所ごとに購入することができる銘柄や手数料などが違っています。 「仮想通貨はどうも信じられない」とおっしゃる方も少なくないですが、仮想通貨のICOも丸っきり安心なんてことはないです。トークン発行で投資を募り逃げてしまうという詐欺も考えられなくはないのです。