トップページ > 鳥取県 > 倉吉市

    鳥取県・倉吉市の方におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    「電気料金の支払いを終えるのみでビットコインが付与される」というコインチェックなど、仮想通貨取引所の長所はひとつひとつ違って当然ですから、利用するのに先立ってそこの部分をちゃんと把握することが大切です。 「仮想通貨はそもそも信頼性に乏しい」とお思いの方も珍しくないですが、仮想通貨の1つであるICOについても確実に大丈夫とは言い切れません。トークン発行を敢行してお金だけを集め何処かに姿を消すという詐欺もあり得るわけです。 TVCMも時折放送されていますから、知名度も上がっているコインチェックでしたら、少ロットから信頼して仮想通貨の売買を始めることができると明言できます。 FXであるとか株で資産運用している方だとすれば当然のことでしょうが、仮想通貨と言いますのは投資の一種ですからサラリーマンやOLの場合、20万円以上の収益を手にしたという時は確定申告が必須となります。 仮想通貨というのは全世界で売り買いされている投資のひとつだと言えるのです。その中でもここのところ注目を集めているのが、イーサリアムまたはビットコインなどの仮想通貨です。 毎月の浮いたお金を一般の金融機関に預けるのではなく、仮想通貨取引所で定期積立するといった方法も考えられます。これだと値段の動きに熱くなることもなくなるはずです。 ビットコインが持つマイナス点をカバーするための「スマートコントラクト」という名のこれまでにないテクノロジーを駆使して売り買いされているのが、仮想通貨のひとつであるイーサリアムなので頭に入れておいてください。 はっきり言って、ビットコインを売買する時は、状況判断しながら少しずつ少しずつ行ない、仮想通貨に関して学びながら入手額を増やし続けていく方が得策です。 仮想通貨は誰であっても挑戦できますが、投資ということで「金儲けしたい」とか「勝ってバカ騒ぎしたい」などと考えているのでしたら、それに応じた知識であったり相場を見極める目が必要になります。 仮想通貨を購入することに対しての最悪のシナリオは、仮想通貨の価格がダウンしてしまうことです。個人だろうと法人だろうと、資金調達目的で執り行う仮想通貨のICOというものは、元本保証は皆無であることを覚えておいてください。 仮想通貨でもって商品の代金の支払いが可能なショップが増加しているとのことです。お金を懐に入れずに身軽に買い物をしたいと言うなら、仮想通貨取引所をチョイスして口座開設が必須です。 リスクを背負わないで、アルトコインであるとかビットコインを始めとする仮想通貨取引はできないと考えるべきです。相場が上がったり下がったりするので、損失を受ける人もいれば儲けられる人もいるのです。 アルトコインの種類というのは、知名度の違いこそあるものの700種類超は見られると聞いております。ビットコインじゃないものというふうに覚えていれば簡単ではないでしょうか? 700種類をオーバーする程度はあると指摘されているアルトコインではありますが、新規の人が買うなら、そこそこ周知度があり、不安なく売買することができる銘柄を選びましょう。 イーサリアムと言いますのは、数あるアルトコインの中でもぶっちぎりで有名な仮想通貨だと考えていいでしょう。時価総額はビットコインに次いで第二位に位置します。