トップページ > 熊本県 > 山鹿市

    熊本県・山鹿市の方におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    「仮想通貨は何だか怪しい」と言う人も多々ありますが、仮想通貨の1つであるICOについても間違いなく大丈夫とは言い難いです。トークンを発行することで投資を募り何処かに姿を消すという詐欺もなくはないのです。 ビットコインを扱うという時は、どの取引所を使ったとしても手数料はそれほど違いませんが、その他の仮想通貨の場合は差がありますから、比較検討して選んだ方が利口というものです。 仮想通貨と呼ばれるものはビットコインしかないというわけではないことをお知りおきください。リップルといったそれ以外の銘柄も相当数ラインナップされているので、ひとつひとつの優位性と非優位性を見極めて、自らにフィットするものを選択しないといけません。 「取引する度に掛かる手数料が高い」と感じるのであれば、手数料がとられない販売所を選定して、そちらで仮想通貨の購入をすれば、手数料の問題はクリアすることが可能です。 仮想通貨を始めるつもりなら、ちゃんと学ぶ必要があります。なぜかと言えば、同じ仮想通貨であるビットコインとリップルの2種類だけを比べてみても、仕組みはまったく異なるからです。 仮想通貨を取引するために必要な口座開設については、さほど時間が必要ないです。簡単なところであれば、最短20分程度で開設関連の諸々の手続きを済ませられます。 仮想通貨と申しますのは世界的な規模で売買が為されている投資になります。とりわけここに来て注目を集めているのが、ビットコイン又はイーサリアムといった仮想通貨なのです。 仮想通貨を扱おうと思えば、一定のリテラシーを身につけなければなりません。どんなに悪くても仮想通貨のICOで読むことが可能な企画書の中身程度は理解することができて当然だと考えるべきです。 仮想通貨取引所と呼ばれているものはさまざま存在しているわけですが、初心者の人でも使いやすくて安心してスタートが切れると高評価なのがコインチェックというわけです。webアプリも視覚的に利用できるはずですので難しくないでしょう。 仮想通貨というのはその名の通り架空の通貨ではあるのですが、「お金」としても通用します。投資をする感覚で買うなら「株」であったり「FX」と変わらず、とことん知識を得てからスタートしていただきたいです。 株であったりFXを行なっている人にとっては常識だと思われますが、仮想通貨と言いますのは投資なので会社から給料をもらっている人の場合、20万円以上の収益を手にしたという時は確定申告が要されます。 近い将来仮想通貨に手を出すつもりなら、日本最大手のビットフライヤーで口座開設することをおすすめします。資本金及び取扱額がナンバーワンの取引所として有名です。 これから先仮想通貨を始めようと考えているなら、主体的に勉強して知識をマスターするべきです。まず最初にリップルやビットコイン等の特色を押さえるところから始めると良いでしょう。 ビットコインを心配なく売買するために考案されたシステムがブロックチェーンだというわけです。データベースの改変を防御できるシステムなので、セーフティーに取引ができるというわけです。 CMも頻繁に流れていますから、知名度が急上昇しているコインチェックなら、小遣い程度から楽々仮想通貨の取り組みを始めることができるというわけです。