トップページ > 新潟県 > 聖籠町

    新潟県・聖籠町の方におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    ビットコインを購入する場合は、どちらの取引所を利用しても手数料自体はほとんど異なりませんが、ビットコインとは別の仮想通貨については差異が見られますので、比べた上で決定すべきでしょう。 「電気料金を払うというだけでビットコインが付与される」コインチェックなど、仮想通貨取引所の強みはひとつひとつ違っていますから、利用するという時はその辺を間違いなく押さえるべきです。 仮想通貨を売買することができる取引所はいくつもあるわけですが、比較検討する時に目安になる項目の1つが手数料ではないでしょうか?買おうと考えている通貨の手数料が割安のところを選びましょう。 ビットコインと申しますのは仮想通貨なので支払いにも利用できますが、投資としての側面に焦点があてられることが多いのも事実なのです。儲かる時と損をする時があるということを想定しておかなければなりません。 仮想通貨の取り扱いをする場合は、手数料がマイナスされることも考慮しておくことが必要です。せっかくの利潤が手数料で減っては納得できないからです。 投資であることは間違いありませんが、少しの額から始めることができるのが仮想通貨の特長だと考えます。イーサリアムにすれば、なんとなんと1カ月毎に1000円ずつ投資することだって可能なのです。 仮想通貨というのは投資ですので、今更ですが日によって価格が上昇するのと下降するのを繰り返すというのが常なのです。微細な動きじゃなく、大きなトレンドを見定めながらコインチェックを活用するようにしてください。 700種類をオーバーする程度はあると発表されているアルトコインではありますが、初心者が買うという場合は、それ相応の浸透度があり、不安になることなく購入できる銘柄をセレクトしてください。 「煩わしいチャートは見るのも嫌だ」というような時は、GMOコインが提供する簡便なソフトが使い勝手も良くおすすめできます。あなた自身にとって有益な情報だけ目にできます。 「副業を頑張って小遣いを増やしたいと思うけど、仕事に追われていて副業にまで手を出すことが困難だと考えている」とおっしゃるなら、ちょっとずつビットコインにチャレンジするのも良いと思います。 仮想通貨は形式上の通貨と定義されますが、「お金」の一種なのです。投資の気持ちで購入するなら「FX」または「株」をする時のように、真面目に周辺知識を身につけてから始めましょう。 仕事でてんてこ舞いな人であるとか急にできた空き時間に少しずつ売ったり買ったりをしたい人にすれば、24時間売買することができるGMOコインは、利用価値の高い取引所だと言っても過言ではありません。 投資という言葉を聞けば、株であったりFXの売り買いを想定してしまう方が圧倒的だと思います。近頃では仮想通貨で資産を増やそうとする方も増加傾向にあります。 有名ではない企業が参画している仮想通貨取引所だとしたら、少々不安に思う人もいるだろうと思います。けれどもビットフライヤーは有名な企業が出資していますから、心置きなく取引できるのではないでしょうか? 仮想通貨と呼ばれるのはビットコインただ一つではないことを認識しておきましょう。リップルを始めとした他の銘柄も相当数ラインナップされているので、銘柄ひとつひとつの優位性と非優位性を見極めて、自分に合うものを選びましょう。