トップページ > 北海道 > 芦別市

    北海道・芦別市の方におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    リップルコインに関しましては、あのGoogleが投資した仮想通貨ということで評価されています。それ以外ではビットコインとは違って、開始したのが誰なのかもはっきりしています。 仮想通貨と呼ばれるのはビットコインしかないというわけではないことを知っていましたか?リップルに代表される他の銘柄も数えきれないほど見受けられますので、銘柄各々の長所・短所を習得して、自分自身にピッタリなものをセレクトしましょう。 会社が実施するICOに個人が参加するメリットと申しますと、代わりに入手することになったトークンの価値がアップすることだと思います。トークンが高騰するようなことがあれば、ミリオネアーになることだって可能だと言えるのです。 ビットフライヤーに申し込んで仮想通貨売買を始めるなら、できるだけ無計画な買い付け方はやめた方が利口です。相場というのは上昇トレンドと下降トレンドがあるというのが理由です。 仮想通貨の売買を始めたいという時は、取引所への登録を終えなければいけないことになっているのです。取引所と申しますのは多数存在していますが、日本国内で最大手ということになるとビットフライヤーという取引所でしょう。 ビットコインを売買する場合は、どの取引所を使ったとしましても手数料はそれほど違いませんが、外の仮想通貨については差がありますから、比べた上で選定した方が納得できると思います。 仮想通貨に挑戦してみようと思っているなら、それ相応のリテラシーを身につけなければなりません。最悪でも仮想通貨のICOで開示される企画書程度は認識できて当たり前だということです。 「仮想通貨はどうも信じられない」と言う人も多く見受けられますが、仮想通貨の1つであるICOだって100パーセントの確率で大丈夫とは言えません。トークンの発行と引き換えに投資を募り逃げ去るという詐欺もあり得るのです。 「投資の為にビットコイン又はアルトコインをやってみよう」と考えているなら、初めの一歩として仮想通貨取引所に口座を開くことが必要です。 ビットコインであったりアルトコインなどの仮想通貨が安全に売買可能なのは、ブロックチェーンテクノロジーと呼称される仕組みが役目を果たしているお陰だと認識しております。 仮想通貨に関しましてはICOと称される資金を集める方法が存在しており、トークンと呼ばれている仮想通貨を代わりに発行することになります。トークンとの引き換えによる資金調達の方法は、株式を発行する時と同一だと言えます。 ビットコインと言いますのは仮想通貨ですが、投資としての側面に興味が向けられているのも事実だというわけです。勝てる時もあれば負ける時もあることを頭にインプットしておかなければなりません。 700種類をオーバーする程度はあると発表されているアルトコインではありますが、初心者の人が買うとするなら、それ相当の認知度があって、不安がらずに購入することができる銘柄を選択しましょう。 ベンチャーが主体的な出資者である仮想通貨取引所だとしたら、どうしても気に掛かる人もいるものと思います。でもビットフライヤーは大手法人が出資している取引所なので、心配することなく取り引きが可能だというわけです。 アルトコインというのは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称となります。英語本来の発音からすると“オルト”が正しいのですが、国内においてはスペルに忠実にアルトコインとおっしゃる方が多いみたいです。