トップページ

    おすすめの仮想通貨取引所をランキング形式でご紹介!
    bitFlyer(ビットフライヤー)

    テレビCMでもおなじみのビットフライヤーです!仮想通貨取引量&ユーザー数が日本一!国内最大の仮想通貨取引所なのです。2014年5月にサービスを開始、MUFGや三井住友、リクルートなどの大企業が出資しているので資本が豊富。安心感抜群の仮想通貨取引所です。セキュリティ面についても日本トップの安全性!不正ログイン保証サービスもあるのでとても安心です。他の仮想通貨取引所と比較して、管理画面が分かりやすいので初心者の方にもおすすめですよ!






    zaif(ザイフ)

    ランキング第2位は、ザイフです!こちらもCMでおなじみですよね!ザイフの特徴は取引手数料が1番安い!そしてビットコインのほか、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の取扱いが多いです。いろんな仮想通貨を取引してみたいという方には、最適の取引所ですよ。イーサリアムやネム、モナコインなど魅力的なコインがたくさんありますよ!






    QUOINEX(コインエクスチェンジ)

    ランキング第3位は、コインエクスチェンジです。国内取引所では数少ないリップルが購入できる取引所です。元々はシンガポールの会社が運営していましたが、今は日本が本社になっています。コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策なので安心。さまざまな法定通貨に対応し、24時間365日入金ができるようになっています。







    口座開設をするのであれば、先に仮想通貨とその取引所に関して真面目に学習すべきでしょう。取引所次第で売買可能な銘柄や取扱手数料などが違っているので要注意です。 銀行や信金に単純にお金を預けたところで、まともに利息が貰えないのはあなたもご存じのはずです。仮想通貨取引所だったらリスクは間違いなくあるわけですが、それ相当の多くのお金を獲得するチャンスもあると言えるのです。 仮想通貨と呼ばれるものはビットコインオンリーではないのですが、ご存じだったでしょうか?リップルを先頭にその他の銘柄も相当数ラインナップされているので、それぞれの強味・弱みを認識して、あなた自身に相応しいものをセレクトしないといけません。 仮想通貨購入に対する一番悪いシナリオは、仮想通貨の価格がダウンしてしまうことだと考えていいでしょう。法人、個人を問わず、資金を提供してももらう為に敢行する仮想通貨のICOと呼ばれるものは、元本は保証されてはいないことを頭に入れておきましょう。 仮想通貨取引をやるに当たっては、どの取引所で口座開設をするのかが大切だと言えます。多々ある取引所の中から、あなた自身に合うところをチョイスして始めていただきたいです。 年金手帳などの身分証明書、メルアドとか携帯電話が用意できれば、仮想通貨売買専用の口座開設を終えられます。それらを揃えて手続きに入りましょう。 仮想通貨と言いますのは世界で取り扱われている投資だと言えます。とりわけここ数年注目を浴びているのが、イーサリアムまたはビットコインという仮想通貨なのです。 イーサリアムと言いますのは、数多くのアルトコインの中でも図抜けて評判の良い仮想通貨だと言っても過言ではありません。時価総額はビットコインには負けますが、第二位なのです。 「僅かな金額で何度も取引したいという性分だ」という人がいる一方で、「一度にある程度のお金を投入したい」という人もいるわけです。ハイリスク・ハイリターンを認識した上で取引することを望むなら、GMOコインをおすすめしたいです。 企業が資金調達を目論んで実行する仮想通貨のICOにて発行したトークンに関しましては、価格が日々変動します。買い入れるタイミングが早ければ早いほど、安価に入手できます。 仮想通貨というのは現物のない通貨ということになりますが、「お金」としても当然使えるのです。投資と見なして手に入れるなら「株」とか「FX」同様に、手堅く周辺知識を身につけてから始めてください。 仮想通貨トレードを開始しようと考えているのであれば、あなたもきっと聞き覚えのあるビットフライヤーを推薦したいですね。民放のCMでもよく見掛けますし、知名度が高い取引所であることは間違いありません。 700はあると言われるアルトコインの中で、有望だとして支持を集めているのがイーサリアムです。手数料がとられずに購入できる取引所もあるのでリサーチしてみると良いでしょう。 ビットコインを購入する場合は、どこの取引所を使ったとしましても手数料自体はさして変わりませんが、その他の仮想通貨の場合は差があるため、それを押さえた上で選ぶべきでしょう。 法人が実施するICOに個人として資金投入するメリットと言うと、代わりに手に入れることになったトークンの値が上がることなのです。トークンが高騰すれば、お金持ちになるのも可能なのです。